製菓専門学校でスキルを身につけよう

将来パティシエになりたいと考えている方の多くが、製菓専門学校に通っています。現在、洋菓子について学ぶ学校は全国に100近くあり規模や学習内容も様々です。
しかし、実践的な内容がメインとなる実習と理論を体系的に学べる講義がカリキュラムはどこの製菓専門学校でも行っており共通して学ぶことが出来るスキルです。
独学でも良いのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、一流の講師から技術や知識を学べたり、有名店で研修できる機会もあるので学校に通うことをおすすめします。

製菓専門学校で学べるスキルとは?

製菓専門学校で学べるスキルとは? 製菓専門学校で身につけられることとしてまず挙げられるのが、製菓実習を通して洋菓子の基本となるフランス菓子など多種多様なお菓子づくりの基本を学ぶ実習です。基本からしっかりと学んでいき、卒業する頃にはある程度のスキルを身につけることが出来ます。
続いてはパスィテリーという小麦粉を使ったケーキやクッキーを作る実習を行い、クリームを絞って飾るパイピングなどのデコレーション技術も高めます。このような技術面を高めていくために、まずはお菓子づくりの知識が必要になります。
製菓専門学校は、様々なお菓子の歴史やレシピの分析、材料や道具に関する知識や技術の裏付けとなる理論を学ぶ製菓理論や、食中毒について傷んだ食品の見分け方や保存法など飲食業に必要な衛生知識を学ぶ食品衛生学などが挙げられます。

製菓専門学校は1日何時間程学習する?

製菓専門学校は1日何時間程学習する? 文部科学省が認定する専修学校の製菓専門学校では、専門誌の資格を取得する場合の取得単位を2年間に62単位、総授業数にして1,700時間とされています。そのため、一般的におこなわれる製菓専門学校での授業時間が何時間になるかを考えると、1日7~8時間程度です。
ほとんどの学校は、9時前後から授業が始まり17時前後に終了するタイムスケジュールでおこなわれています。イメージとしては、高校などの授業と同じような時間割になるので、あまり不安に思うことはないでしょう。1コマ90~100分の授業を1日に4コマ受講するカリキュラムが一般的です。実習などの授業の場合は、2コマ連続で受講することもあります。
どちらかというと1年次は、基礎的な技術や基礎学習などが中心となるので座学の時間数の割合が2年次に比べ高いといえます。2年次からは、実践的な実習事業が増えていきます。
製菓専門学校では、製菓のプロフェッショナルとして活躍できるよう様々な授業がおこなわれます。技術だけでなく様々な知識の習得は、将来のために必ず役に立つでしょう。決められた時間の中で、しっかりと自分の力をつけためにも授業内容の理解は大切です。豊富な知識を持った専門家としての自信が持てるよう学習することが必要です。

製菓専門学校での平均的な学費はどれくらい?

製菓専門学校に入学してパティシエになりたい人もいるでしょうが、学校に通うにはどれくらいかかるのか気になる人もいるのではないでしょうか。そのために、製菓専門学校に入るための平均的な学費を紹介していきます。
まず入学金の平均的な相場は21万円です。大体、これぐらいの金額を前後している場合が多いようです。基本的に合否通知があった後に一週間後に振り込みます。次に施設費は相場として194,000円程度のようです。
実習費もかかり、こちらは60万前後かかる場合が多く、トータルすると年間100万近い金額が必要なことが多いといえます。
教育ローンもあるので、そういったシステムを利用すると学校を利用しやすくなります。奨学金制度というものもあるために、普段のローンでは考えられないような低金利をかなえてもらえるために、自分が働き始めた後に返済ができて長く返すことができるのです。
返済には15年など組めて、その時に対応できます。

製菓専門学校の進路には卒業後に開業をする道もある

美味しいお菓子はお子さんだけでなく、ご高齢の方も大好物だと言われるでしょう。2000年以降、国内では欧州一帯で昔から食べられてるワッフルやパウンドケーキといった洋菓子のブームが巻き起こっています。
その影響で街中には色んなパティスリーという洋菓子店も誕生をしており、パティシエが腕を振るって色んなメニューを提供しています。
パティシエになるには、必ず製菓専門学校を卒業しなくてはいけません。2年間在学をして基礎知識と調理スキルを磨くのですが、卒業後の進路としては有名なホテルやレストランに就職をなさる方が多い傾向です。
ところが製菓専門学校の場合、卒業後にすぐに開業をなさる方が昨今では増加をしています。なぜ卒業後の進路で開業をする方が増えているのか、それは独創的な営業が可能な分野だからです。
日本料理などの場合、必ず型通りの調理・味付けをしてお料理を提供するのが基本ですが、お菓子はその限りではないということです。

製菓専門学校に入学するときの年齢制限について

製菓専門学校に入学するときには、年齢制限は基本的になく學校によって違いますが学歴だと高校卒業以上の方が対象となっていることが多いので、18歳以上が一般的のようです。
中には夜間部に通いながら製菓衛生師の資格を取得出来るところもあり、中学校を卒業した16歳・17歳から、上は50歳から60歳までと幅広い年齢の人が学びます。
夜間コースがある製菓専門学校だとキャリアアップしたい人、製菓・製パン業界へ転職したい人など様々です。
学校には1年生・2年生があり、1年生だと通常だと2年かかって学ぶ内容を凝縮させて学びます。パティシェになるには資格が必要ですが、受験資格を1年間だけ得られますが、専門学校に通わずに取得する場合だと実務経験が2年必要になります。
パン職人・和菓子・洋菓子職人とどこでも就職できるように幅広く学習出来ます。実習も数百時間あり技術も学べて、器具の名前や使い方・材料の組み合わせ方に装飾技術など卒業後にはプロとして活躍できるようになります。

ダブルスクールで製菓専門学校に通うことで得られるメリットと学費の内訳

色んな専門学校が日本には点在をしており、諸外国からも留学をして学ばれている学生もいるほどです。2000年以降、国内では空前の洋菓子ブームが巻き起こっており、その影響でパティシエという職業も注目を集めています。
このパティシエになるためには、製菓専門学校に進学をしないといけません。東京や大阪には有名な菓子職人が講師を務めている製菓専門学校が多く、わざわざ地方から上京をして入学をなさる方もいます。
そこでここでは、製菓専門学校に通う際のダブルスクールの魅力と、必要となる学費について簡単に見ていくことにしましょう。
まずダブルスクールというのは、2つの専門学校に通うことを指しています。製菓専門学校なら異なった講師から指導を受けることで、幅広い調理スキルを身に付けられます。
学費としては約400万円を必要としており、このなかに入学金と2年分の授業料が含まれているわけです。少し学費が高くなりますが、その分スキルは身に付きます。

特待生として製菓専門学校に入学するための条件とメリット

日本全国には、さまざまな専門学校が点在をしており色んなスキルを身に付けられている方が大勢いらっしゃいます。
その中には洋菓子作りを専門」とするパティシエを目指せる学校もあり、一般的には製菓専門学校と呼ばれるところです。
都心部だけでなく地方でも点在をしており、昨今の洋菓子ブームも相まって多くの方が入学を志願されています。専門学校では必ず特待生制度というものがあり、製菓専門学校も例外ではありません。
そこでここでは、そんなスキルを有していれば、製菓専門学校で特待生になれるのかを簡単に解説をしていきましょう。
基本的には優秀な知識・技術を有していることが必須となり、高校時代にすでに製菓コースで学ばれている方だと選ばれやすいです。
例えばコンクールで優勝した経験があれば、必ずと言って良いほど採用をされます。学費が免除となり、さらに卒業後は有名なホテルや菓子店への就職も斡旋されるので、非常に高いメリットを得られます。

製菓専門学校
新着情報

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>製菓専門学校での平均的な学費はどれくらい?
>製菓専門学校の進路には卒業後に開業をする道もある
>製菓専門学校に入学するときの年齢制限について
>ダブルスクールで製菓専門学校に通うことで得られるメリットと学費の内訳
>特待生として製菓専門学校に入学するための条件とメリット

◎2018/11/2

習得できるさまざまな資格
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

奨学金を使うことができます
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

製菓専門学校の留学支援
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

夜間で通える製菓専門学校
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

取得できる資格一覧
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「製菓 学校」
に関連するツイート
Twitter

返信先:田舎の進学校なんで医者の息子とか製菓会社のご令嬢とかそういうのばっか通ってましたから… 美術はキャンバスとかも買ってたんじゃないかな あ、でもうちの学校、音楽人気だったんですよ。 歌姫を2人輩出したので。

製菓学校の方々からフォローいただいて、タイミング的にそうだろうと思ってフォロバするものの、一度しかお会いしたことなかったり本名でみなさんSNSやっていらっしゃらなかったりするから、全然一致しません😭すみません…

返信先:ええ?!そうなんや……😳?!岐阜ってどこもかしこも雪かと思っとた!! そういえば岐阜県の女の子と製菓学校で仲良くなりました🫡💖✨

製菓学校行きたいナ

返信先:スポーツ系の学部在籍中です🏋️‍♀️ 製菓学校行ってみたいです🥹